オールセラミックの素材の歯をが低価格で

被せ物の素材には何が有るの?

被せ物や詰め物等が有る補綴物にはさまざまな素材有り、金属、レジン(プラスチック)、最近ではオールセラミックがございます。
自費診療(審美治療)で主に使用されているものはセラミックが多く、保険診療では素材が安価である金属やレジンが使用されます。
その中でも審美治療で一番人気のあるオールセラミック製の歯についてお教え致します。

歯並びが良くなります

1.セラミックとは

セラミック(セラミックス)とは陶磁器など無機質を焼き固めた焼結体の事を言います。
シリコン等の半導体や炭化物、窒化物がこれにあたりますが、いまいちピンと来ないかもしれませんね。
日常の中で見慣れたものでは焼き物と言われる陶器の食器、ガラス製品などで、またダイヤモンドなども似た様なものになります。

好みの好きな形に

2.セラミック製とオールセラミック製の違いとは

歯医者で選べる歯はセラミック製とオールセラミック製がございます。同じものでは?と思う人もいると思いますが実際には違います。分かり辛い微妙な違いをお教え致します。

オールセラミック製・・・その名の通り「義歯の全てがセラミック」で出来ているので金属やプラスチックは使用されておりません。
セラミック製・・・一部でもセラミックが使用されていればセラミック製となります。

 

土台が金属で表面をセラミックにしたメタルボンドや、セラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミック(ハイブリッドレジン)もセラミック製と言う訳です。
セラミックは一番大まかなくくりと言う訳ですね。なのでオールセラミックもある意味ではここに属すので、半分正解と言う訳です。
図を見て頂く分かりやすいかと思います。
金属アレルギーを避けたい人は「オールセラミック」製の方が良いですね。

オールセラミックなら変色しません

3.オールセラミックの特徴

オールセラミックはその名の通り全てセラミックから出来ているため、白く天然歯の様な自然な透明感を再現が出来ます。
金属を土台に使用しているメタルボンドでは中の黒い金属が透けてしまうため綺麗では有りません。他にも、歯茎に金属の溶け出しによる黒ずみができる事もございます。
また、プラスチックが混ざっているハイブリッドセラミックは黄色く変色していきますので、審美的には劣ります。
もちろんオールセラミックにはアレルギーや変色の問題はございません。(※オールセラミックも歯磨き等のメンテナンスをしないと表面に汚れはつきます)

 

セラミックで近年主流となっているジルコニアは強度も高いため前歯奥歯どちらでも使用が出来、余程特殊な症例意外であればほとんどの治療に対応が出来るようになりました。

前へ:オールセラミックの良いところ 次へ:ジルコニアとは

コラム目次

オールセラミックキャンペーン

Copyright © 2011 Japan Dental Frontier CO.,LTD All Rights Reserved.