IPSe.max製の白く美しい歯を驚きの低価格で

IPS e.maxとは

イーマックス一覧

1.IPS e.maxとオールセラミックの違い

IPS e.max(アイピーエス イーマックス)もオールセラミックの1つの種類です。
IPS e.max自体はイヴォクラールという会社の製品名であり、ジルコニアのように素材名ではないのですが、一つの製品名として歯科業界でも良く使用されており、 知名度の高いものとなります。

IPSe.maxはガラス系

2.IPS e.maxの特徴

IPS e.maxはガラス系のセラミックであり、透明感が高く非常に綺麗な歯です。
製作においても、CAD/CAMというコンピュータによる設計を一部に使用し、繊細で精密な作業は人の手で作成する事により高品質な歯を安定して比較的安価に製作がを可能としております。
難しい専門的な話になってしまいましたが、「e.maxは歯科で天然歯のように綺麗で一番人気のあるセラミック」と覚えてください。

 

IPS e.maxであれば患者様それぞれの悩みに対して非常に高いレベルの審美性と安定性で歯科補綴物を提供が可能です。
ただ、強度の問題から奥歯には適しませんが、前歯に使用する場合は十分です。

フルジルコニアの断面

 

レイヤリング法の断面

3.IPS e.maxの作り方

IPS e.maxにはレイヤリング法とステイン法があり、特徴が違います。

 

【レイヤリング法】

一番内側の部分(フレーム)を作成し、その上に何層か別のセラミックを重ねた後、最後にステイン材を塗ります。
その為自然の歯に近い透明感と質感に近いとても綺麗な歯が出来上がります。
弊社では主にこちらの方法で作成します。

 

【ステイン法】

フレーム用の素材で全ての歯の形を作りその上に上にステイン材を塗り、歯の表情を作ります。
層になっていないのでレイヤリング法に比べると固くなりますが、1種類しか材料を使用していないため透明感や自然な質感が劣りのっぺりとした質感になります。その為、前歯にはオススメ致しません。

更に白くする事も出来ます。

4.IPS e.maxで製作が出来る種類

IPS e.maxは主に前歯の単冠で使用を致します。少ない本数の連冠(繋がった歯)であれば対応可能な事もございます。
また、インレー・ラミネートベニアは作成が可能ですがブリッジの製作は強度が足りないのでオススメは致しません。

 

IPS e.maxはこんな方へおすすめ

主に前歯の歯並びや色の改善には最適です。形や色はかなりの要望を叶える事が可能で、歯並びもある程度改善できます。
ジルコニアに比べても安価ですので、前歯の治療には最もコストパフォーマンスがよい製品になります。

前へ:ジルコニアとは 次へ:更に白い歯を選びたい貴方へ

コラム目次

オールセラミックキャンペーン

Copyright © 2011 Japan Dental Frontier CO.,LTD All Rights Reserved.