白く美しい歯を驚きの低価格で

ねじれた歯(捻転)の治療方法

捻れた歯の画像

ねじれた歯(捻転)とは

すきっ歯や出っ歯と似ていますが、ねじれた歯も特徴的で気になりますよね。
原因は出っ歯と同様に子供の頃の指しゃぶりが原因な事が多く、他には顎の形が小さくてスペースが足りない状態で生え変わった事が原因である場合もございます。
正面から前歯がハの時に見えるように開いていたり、ハムスターの様な前歯の2本が目立ってしまうためできれば治したいですよね。
見た目だけでなく、清掃性も悪くなるため口臭や汚れも気になりますし、将来的には更に捻れてきてもっと歯並びが悪くなります。
捻れた歯のオールセラミックでの治療方法をご案内致します。

ねじれた歯の流れ

ねじれた歯の治療方法

歯の捻れや曲りにも多く場合においてはオールセラミックの被せ物で治療が可能です。以下が治療の流れになります。

 

1.図の様なねじれを治します

図では1番のねじれですが、その他の場所でも同じ方法で治療が可能です。

 

2.支台歯を形成し、型をとり義歯を作成します

飛び出ている部分を削り正しい形の義歯が被せられるように削ります。
形成した支台歯にぴったりフィットするよう型を取り、正しい向きになるような義歯を作成し装着を致します。

 

3.装着をしたら完了です

上記の治療方法で治療期間は1か月半程度(3回)となりますが、神経の処置が必要な場合には合計で3ヶ月程度掛かる場合もございます。
注意点としては捻れた事により隣の歯が寄ってきていると、スペースが狭くなるため隣の歯を削る必要がございます。

 

当社治療費一例:2本で治療を行なった場合に123,000円程度となります。IPS e.amx2本、仮歯2本、基本技術料)
治療期間の目安:1〜3ヶ月程度

ねじれた歯のコア

神経の処置やコアを立てる場合も

大きく捻れている場合や大きく位置がずれている場合には、歯を削る量が増えるためそのまま歯を削ると神経を傷つけ痛みを生じます。 そのため事前に神経の抜く処置を行い痛みが生じないように致します。

 

神経の処置をすれば削っても痛みを感じないため、大きく削る事が可能になり、大きな捻れでもクラウンの装着が可能です。 コアを立てる事によって歯の方向を変える事が出来るため、更に改善が可能です。

 

前へ:すきっ歯の治療方法 次へ:欠けた・折れた歯の治療方法

コラム目次

オールセラミックキャンペーン

Copyright © 2011 Japan Dental Frontier CO.,LTD All Rights Reserved.